• mof. 学生団体

How To ひとり旅 ~出入国編~

ブログ記事

こんにちは!流行りのミニマリストを目指している21期新メンバーのリリーです!

How Toひとり旅6回目となる今回は【出入国編】をお届けします。

ひとり旅初心者にとって、ハードルが高い出入国審査。特に外国で「英語で何聞かれるの??」「審査官の人が怖い、、?!」と不安に思っている方は多いはず。

そこで今回は出入国審査について易しく、丁寧に説明します!簡単な英語のフレーズも紹介しますよ。


流れを掴んで正々堂々、審査に立ち向かいましょ。


この記事のもくじ

1. 出国審査

2. 制限エリアでの過ごし方

3. いよいよ搭乗!

4. 入国審査


1. 出国審査(Immigration)

手荷物検査所の先に出国審査所があります。自分の順番がきたら、パスポートと搭乗券を出国審査の人に渡しましょう。顔の照合が行われるので、写真のあるページを開いておくとスムーズ。日本出国の際は、自動化ゲートで顔写真照合のみの場合もあります。

ここで聞かれる事はほとんどないので安心を。



2. 制限エリアでの過ごし方

出国が完了すると、搭乗ゲートが並ぶ制限エリアに入ることができます。カフェでお茶するのもよし、ローカルフードを最後に食べるのも良し、現地のお金でお土産をゲットするのもありです。

ただし、自分の乗る飛行機の搭乗ゲートは確認してからにしましょう。ゲートまで徒歩20分なんてことも、、!!空港の広さ、恐るべし!!!

ちょっと使えそうな英語表現

【お買い物で】

・値段を尋ねる

How much is this?

・これを買いたい

I’d like this.

・見ているだけ

I’m just looking, thank you.

・~があるか尋ねる

Do you have~?


【カフェやレストランで】

・注文する

I’ll have carbonara.

・以上です。

That’s all.

・おすすめを尋ねる

Do you have any recommendations?

・注文したものが出てこない

My order hasn’t come yet.

・お会計をお願いする

Would you bring the check, please?

3. いよいよ搭乗!

さて、機内に乗り込みます。搭乗券とパスポートを用意しましょう。だいたいの航空会社では機内に乗り込める順番が決まっていて、搭乗券で確認することができます。

乗り込む前に、手荷物を荷棚に入れるものと、そうで無いものに分けておくと◎機内は乾燥しがちなので、ハンドクリームなどを手元に置いておくことをお勧めします。それと、着陸前になると入国カードが配られますので、ボールペンも用意しておきましょう。準備万端にして、空の旅を楽もう!

ちょっと使えそうな英語表現

・席を倒したい時

May I recline my seat?

・機内食について聞かれたら

Would you like chicken or fish?

-Chicken, please.

・日本語が話せるスタッフがいるか尋ねる

Is there a Japanese speaker?

4. 入国審査(Passport Control)

飛行機を降りたら、いよいよ入国審査です。乗り継ぎがない場合Immigration/Passport Controlの文字を目指して進みましょう。カウンターの前に並び、入国審査官に呼ばれるのを待ちます。その間に入国カード(不要な場合もある)とパスポート、必要な国ではvisaを用意しておきましょう。帰りの航空券を求められることもあるので、手元に用意しておくと慌てずに済みます。

入国審査でよく聞かれるのは以下の項目。

・滞在の目的

・滞在期間

・滞在先

入国審査で使えそうな英語表現

1入国審査が回ってきたら、パスポートの顔写真のページを提示しましょう。

Next!(次の人!)

May see your passport? (パスポートを見せてください。)

→Here you are.(はいどうぞ)

パスポートカバーは外しておきましょう。

2質問に答える

What’s the purpose of your visit?/Why are you here?(渡航の目的はなんですか?)

For sightseeing.(観光です。)

ここは無難に旅行や観光と答えるのが一番です。

How long will you stay in this country?(この国にどのくらいの期間滞在しますか。)

For 5 days./Two weeks.(5日間です。/2週間です。)

Where are you staying in~?/What’s your address in~?(どこに滞在しますか。)

→At the~./Staying〜hotel in London.(〜に滞在します)

ホテルの住所が書いてある紙を見せるだけでも良いでしょう。

Do you have a return ticket? (帰りの航空券を持っていますか。)

Here you are.(はいどうぞ)

帰りの航空券やeチケットの控えを提示しましょう。

Look at the camera, please.(カメラを見てください。)

アメリカなどでは顔写真の撮影や指紋認証(fingerprinting)があります。審査官の指示に従いましょう。

相手の言っていることがわからなかったり、聞き取れない場合には

I beg your pardon?(もう1度言って頂けますか。)

Speak more slowly, please.(もう少しゆっくり話してください。)

などと遠慮せずに言ってみましょう。

パスポートを返してもらったら入国審査は終わりです。

預け荷物がある場合は忘れずに受け取りましょう。


誰でも最初は分からず、緊張してしまうものです。失敗しても大丈夫。旅先で学んだことはきっとあなたの肥やしになるはずです!



それでは良い旅を!


フリーペーパー「たびぃじょ」でのHow Toひとり旅は、電子書籍からご覧いただけます!

バックナンバーはこちらから!








0件のコメント

最新記事

すべて表示